2009年08月29日

三方町縄文博物館

今回は、趣向を変えて日本の「住」の原点である縄文式住居を見ることが出来る、三方町縄文博物館に行ってきました。
博物館外観

…縄文人は“けもの”におびえながらつつましく暮らしていた…  縄文人の暮らし神秘的な縄文文化

とおもいきや、縄文の扉を開けてみると・・・
意味ありげなおしゃれにデザインされたエレベーター(縄文土器に施されているデザインです)
これにのって階下に降りると縄文時代の始まりです。


神秘的な音楽のかかっているトンネルを抜けると、そこには展示資料がずらっと並べてありました。
独特な雰囲気を醸しだしてます ずらっと並んだ展示物
この時代の名前の由来でもある縄文土器は、年代によってデザインも違い、時が経つにつれてより複雑でおしゃれになっているように感じました。
丹彩鉢  深鉢     
縄文人は1万4000年以上も前に、世界にさきがけて土器革命をなしとげ、土器づくりを始めたそうです。
その土器は定住生活を可能とさせました。
家をつくり、家族がだんらんする生活を世界にさきがけて始めた縄文人。

当時の食べ物も、季節にあった食材を使い、山や海の恵に感謝していただく食事は、今の私たちから見て贅沢に見えるほどです。縄文人の豊かな食生活(貝鉢:サザエのつぼ焼き・アワビなど
刺身鉢:マグロ・サワラ・ブリの物切り・ワカメなど
アオサ汁:ワカメ、ハマグリなど
焼き魚皿:マダイの塩焼き・ウナギのぶつ切り・トラフグの塩焼きなど)

 縄文人の豊かな食生活(縄文粥:リョウトウ・クリ・アサリ・シメジ・季節のキノコ・カモの骨付き肉など
木の実皿:ドングリから石皿と磨き石によって採集されたでんぷんをこねた団子状のもの・縄文クッキー・ヒシを茹でたもの
魚醤:現在の醤油
山ぶどう酒:器はひょうたん(栽培植物))


夏には豊富な海の幸、そして冬にはワイン片手にカモ料理。そんな暮らしぶりが遺跡からみてとれます。

四季を楽しみ、安住を好む一家だんらんには、縄文の土と炎のこころが生きていました。

食生活以外にも、機を織ったり、石を加工する技術も持っていましたし、漆器なども作っていたようです。

豊かな自然の恩恵をうけて、日々創意工夫を重ねて暮らしていた縄文人。縄文遺跡からはさまざまな生活道具類が出土していますが、無いものがあります。それは人と人とが戦うための道具。
縄文の人たちは争うことなく皆で助け合い知恵を出し合って一万年以上もの間平和に暮らしていたそうです。

そしてそんな平和な暮らしを崩壊させたのは自然災害などではなく大陸からやってきた“人を殺せる道具”を持った人間だったのです。
平和な暮らしをしていた縄文人は戦うことなく次々と死んでゆき、縄文時代は終わりました。
  
竪穴式住居 竪穴式住居の内部
今私たちは、ボタン一つでお湯が沸き、スイッチを入れれば勝手に洗濯をしてくれる。お店に行けばあらゆる食材が並び、調理済のものまで置いてあってあとは食べるだけ。そんな便利な時代に生きています。

しかし、そういった便利なことが必ずしも豊かな暮らしにはつながっていかないようにも思えます。
“本当に豊かな暮らしとは何か”私たちコーディネーターが考えるべき原点がここにはあるように感じました。

----------------------------------
取材:山田加奈子・木田桂以子


【博物館のご案内】
posted by 管理人 at 16:24| 建築物

2009年04月05日

御宿 The Earth

伊勢志摩国立公園の5万4千坪の広大な敷地に、たった5%の建築面積で、原生林に囲まれるように『地球』という名の宿が昨年夏にオープンしました。高級感漂うエンブレム
それが、全16室すべて露天風呂付きスイートルームの「御宿 The Earth」です。


〜嵐を観る宿〜というコンセプトは、何から生まれたのか…
惹き込まれるように宿泊予約をしました。

パールロードから細い山道を降りていくと、原生林の高さに配慮しているように佇む宿が見えてきました。
その後ろには大空と大海原が広がっており、思わず車を止めて窓を開けると、強い海風が吹きこんできて、長旅の疲れからハッと覚める思いがしました。エントランス

エントランスの『天空のロータリー』は、紛れもない地球を感じさせ、回廊の先に見えた鉄扉は、まさに海。深く美しい色彩

少し緊張気味に扉を開けましたが、そこにはホッとする優しい光に包まれた日本のお宿がありました。
白木・畳・障子・襖・和紙・入洛・石…これに癒されない日本人はいませんよね。

着物姿の副女将と仲居さんの後に続いて、すっかり旅館気分で入ってみると、
ホールに、”え?コンシェルジュ?”
通されたラウンジで”え?ウェルカムシャンパン??”
まるでエグゼクティブホテルのようでした。静けさ漂う癒しの空間

でも足元は畳&素足…旅館です。

そんな視点で、ホテルなのか旅館なのかを探っていくと、その醍醐味は両方でした。
いや、正確に言えばそれ以上かも…どこに身を置いても、とてもくつろげるんです。ひょっともすると、自邸のようなくつろぎっぷりでもありました。

 私たちの部屋はメゾネットスイートでしたが、掘りごたつ型の座卓は、友人とのお喋りを真夜中まで誘ってくれましたし、ライブラリーでは、美味しいフルーツジュースやコーヒーのセルフサービスとカウチソファで、贅沢な読書が楽しめました。
至るところにくつろぎのおもてなしの仕掛けがあるんです。

 食事の仕掛けはもちろん、盛り付けと味。
『世界を食する』和懐石で、モダンなお皿に盛り付けられたお料理は、どれも絶品でしたが、夕食に出たアワビと、朝食に出た伊勢海老のお味噌汁が、特に忘れられない味となっています。まさに”地球を戴いた”って満足感です。

くつろぎの間取り ところで〜嵐を観る宿〜というコンセプトですが、ラウンジからも、ダイニングからも、浴室からも、部屋からも、窓から見えるのは大きな空と海、そして木。
海岸ギリギリの高台に建つこの宿には、海からの風が強く吹きつけ、雲の流れ、波の動き、木の揺れがダイナミックに窓に映ります。
展望台に出ると、嵐に似た迫力ある景色です。大自然を感じる宿です。

ぜひ、機会があったら訪れてみてください。
まだまだいっぱい、感動的なおもてなしの仕掛けがありますから。

大刀あゆ末
posted by 管理人 at 10:00| 建築物

2008年06月26日

金沢21世紀美術館

 今回からICの小怪が新しくなりました。取材の記事の他、月替わりで、おすすめのお店や場所などを独断で広報委員がご紹介していく形となりました。

中庭を望む さて、もう6月も終わりとなってしまい遅ればせながらの第1回目は、私藤井のおススメの場所 「金沢21世紀美術館」です。 2004年10月にオープンしてから今年で5年目を迎える美術館。ご存知のとおり、世界的に有名な建築家、妹島和世氏と西沢立衛氏による設計です。 中庭を望む2005年には、グッドデザイン賞金賞に選ばれているようです。
 ガラスばりの丸い形の建物で、正面がなくエントランスは四方に4箇所設けられています。ですので、どの方向からも出入りが可能です。 また、「まちに開かれた公園のような美術館」 がコンセプトのこの美術館では、常設展の他無料ゾーンが充実しており気軽にアートが親しめる空間となっています。

館内の様子 展示物としては、近代および現代を中心とした様々な作品を収集しているようです。福井からわりとアクセスがよく、常に刺激的な展示会を催しているのでインスピレーションがほしいときや想像力に磨きをかけたいと思った時、また癒されたいと思った時、この美術館に足を運びます特に、この画像にある花柄の壁面のコーナーにボーッと座ってると、とても心地よい光がガラス越しに入ってきて、新鮮な気持ちになります。洗練された鮮やかな花柄です

藤井 麻千子

『21世紀美術館』
 〒920-8577 金沢市広坂1−2−1



posted by 管理人 at 12:59| 建築物